東京都の福祉医療とは

福祉医療費と言うのは、国民健康保険や社会保険を利用して受けた医療費の中で自己負担する費用を、公費で負担する金額のことをそう呼びます。
東京都では、乳幼児および中学を卒業するまでの児童や生徒の実質的な自己負担分の医療費が、無料になります。
その他には、重度身体障害者や重度精神障害者の方の医療費は、障害者助成として行われています。
身体障害者の場合には、障害者手帳が、1、2級の方が、精神障害者の場合には、愛の手帳で1度、2度の方がこれに該当します。
また、一人親世帯でも医療費の助成制度があります。
一人親で子供を育てている場合や事情により両親ではなく擁護者により育てられている場合などがこれに該当します。
一人親の場合でも、所得の限度が越えている場合にはこの助成には該当しません。
また、生活保護を受けている方や施設に入所して措置を受けている方も該当しません。
その他には、東京都では結核医療など公費で負担をしているケースもあります。

Copyright© 福祉医療 東京 All Rights Reserved.

東京都の福祉医療とは